キレジニアブログ

ムスッコ成長記録と育児お役立ちメモ

【幼児英語教育】ディズニー英語システム(DWE)の無料体験を受けてみた!

2017年10月16日

幼児期からの英語教育はなかなか悩ましい問題ですよね。

するべきか?いやいや不要なのか?でも今しかできないこともあるし…

などなど、答えのない押し問答が頭の中を駆け巡っているキレジです。

英語を覚えて話すことがこれから重要!…とはあまり思っておらず、それよりも気軽に外国人とコミュニケーションを取れたら世界が広がるし楽しいよね!という考えから、ムスッコに英語教育環境を用意しようかなぁと考えています。

ただですねぇ

英会話教室やインターナショナルスクールに通わせちゃうぞ!

とかは金銭的・時間的に無理だしそこまでガチになるのもなぁ…

というわけで自宅に英語環境を作れる教材を調べてみたところ、頻繁に出てくるのがワールド・ファミリー株式会社の「ディズニー英語システム(DWE)」とベネッセの「ワールドワイドキッズ」でした。

そしてたまたまイオンモールでディズニー英語システムの体験受付をしていたのでやってみた、というわけです(^^;
行き当たりばったり感が強くて申し訳ないのですが、せっかく体験したのでレポートしちゃいますよ。

スポンサーリンク

ディズニー英語システム:DWE って何?

ディズニーの認可を受けたワールド・ファミリー株式会社が提供する、幼児向け英語教育プログラムのことです。ミッキーマウスを中心としたおなじみのディズニーキャラクターが出てくるため、ディズニー好きのご両親に人気があります。

教材の対象年齢は0歳~6歳くらいですが、小学生の間もこれを使って勉強できるくらい充実度の高い内容になっているようです。

主な教材は以下のとおりです。この中から、特定教材を選んだりまたはセットで購入します。とは言っても、いろいろあって見ただけだとよくわかりません(^^;

  • プレイアロング(Play Along)
    0~3歳児向けのDVD・CDセット。お風呂や日常の遊びをママ・パパと一緒に英語で行うもの。ミッキー達は出ない。
  • シングアロング(Sing Along)
    英語の歌を一緒に歌うもの。日常の出来事をテーマにしたものがほとんど。
  • ストレートプレイ(Straight Play)
    ミッキーとその仲間たちが出てくるお話しで、日常会話やちょっとした出来事がテーマ。歌も流れる。
  • トークアロング(Talk Along)
    カードを使ったおしゃべり学習。専用機械にカードを通して受け答えする。
  • メインプログラム
    成長度合いに応じた学習を段階的に行っていくための教材。色や数の概念、”彼”や”彼女”の概念など英語での表現方法をイメージとともに学んでいく。
  • ミッキーマジックペンセット
    専用の本とペンを使い、ゲーム形式で学んでいくセット。
  • アドベンチャーセット
    “ミッキーマジックペンセット”の上級編。
  • Q&Aカード
    トークアロングの機械を使って受け答えをするゲーム形式のカードセット。
  • レッツプレイ
    植物を育てたり工作をしたりと実体験を通して英語を学んでいくセット。

費用

一般感覚としては高いんじゃないかと思います( ゜Д゜;)

基本的なセットで62万円、追加のセットをすべて購入すると88万円くらいです。軽自動車が買えるくらいの値段なのでポンッと財布から出せる金額ではありませんよね(^^; この辺、もっと詳しく解説してくださっているブログが多々ありますので、細かくは書かないでおきます。

また、強制ではありませんが別途会員費用が掛かります。月々3,348円(2017年時点)で、外国人の先生と触れ合えるイベントに参加したり自宅から電話で先生と会話レッスンをするために必要です。ちなみにイベントに参加するにはさらに別途費用がかかります。

つまり教材にもお金がかかり、会員として継続的にお金がかかるという財布に厳しいシステムになっています。

教材は契約時に一括で届くため、基本的に途中解約できません(会員は途中で退会・休止・再入会が可能です)。そのため、途中で挫折した方々の品がよくヤフオクに出品されています笑。

学習時間

一日当たり1時間はDVDを流したりCDを流したりしてほしい、とのことです。1枚のDVDが30分~1時間くらいなので、一日1~2枚のDVDを流しながら子供と遊ぶという感じでしょう。

継続力

他の英語教材と変わらず、親の努力が必要という意見が多いです。ずっとDVDを見せておく→いつの間にか英語を話せちゃう!というものではないということです。

親が一緒になって遊んだり歌ったりしていかないと継続は難しいようですね。また2歳ごろのイヤイヤ期で挫折したり、アンパンマン教に入信したりすることで教材から離れていくことが多いみたいですね。

効果

教材の内容は、子供の成長に合わせた発音や語数になるよう独自に設計し作られたものを使用します。そのため、子供にとっては非常にとっかかりやすい教材です。

子供にとっては勉強ではなく遊びの一環となるようにできています。0~3歳用の教材ではおもちゃも多数付属しており、リズムにあわせて一緒に歌ったり遊んだりするものや、お風呂など生活の一部をままごと的に行うものが多いです。

3歳以降はストーリー性のある教材が多くなってきますが、この教材の優れているところは各教材の内容がリンクしているところにあります。

バックグラウンドのストーリーを切り替える必要なくあるときは物語を聞くように、ある時は歌を歌うように、ある時はカードで遊ぶように、遊びながら英語に触れていくことになります。ここが学習効果を高めているポイントでしょう。

継続されている方のブログや紹介記事を見ると、1歳~2歳ころに突然ネイティブな発音で「Apple!」とか言い出すらしいです。ホントかな?

更には6歳くらいで英検2級をとったり、TOEICで900点台をマークしたりする子供もいるそうです。

無料の資料請求でお試しDVD・CDやおもちゃがもらえる!

少しでも興味があるようでしたら、まず無料の資料請求をしてみることをお勧めしますよ(^^)

資料請求するともらえる、無料のお試しDVDやCDだけでもなかなか楽しめます。僕は無料体験を申し込んだときにもらいましたよ。

お試しDVDでは小倉優子さんが内容を紹介していて、ムスッコはそこに一番食いついていました(^^;

ちなみに資料請求しても特に電話でしつこく勧誘が来るということはありませんでしたよ。

無料体験の内容

 

DWEでは無料体験のことを「わくわく体験」というそうです。自宅や指定の「イングリッシュラーニングセンター」で教材を実際に体験することができ、今回はムスッコを連れていくのが面倒だったので自宅に来てもらいました。

ざっくりとした流れは以下の通りです。

  1. アドバイザーさんが教材と共にやってくる
  2. 幼児からの英語教育に関する話
    LとRの聞き分けとか、英語脳とかの話です。”知ってます”と言ったら、省いてくれました。
  3. 教材の紹介
    本やDVD、おもちゃの紹介をします。DVDは実際に流してみて、おもちゃは子供に触らせてくれます。
  4. 価格の話
    各教材単価とパッケージ価格について説明があり、価格一覧表をくれます。
  5. もし今日決めたら特典あるよ!
    体験したときに申し込むと「DVDメイト」というポータブルDVDプレイヤーがもらえます。

担当してくれたアドバイザーさんは、押し売りすることなく「じっくりとご検討ください」というスタンスだったのでストレスなく体験を受けることができました。即契約の特典についてもちょっと紹介した、という程度で無理には勧めてきませんでした。ただ、中には『しつこい』、『金払いが悪そうなら態度が悪くなる』といったハズレの方もいるらしいのですが、万一そのような方に当たったら担当を変えてもらうこともできます。

自宅での わくわく体験では教材の一部しか体験できません。一方、ラーニングセンターではすべての教材を触り体験することができますので「全部見てみないと!」という場合はラーニングセンターの方がいいですよ。

体験してみた後の気持ち

わくわく体験はやってよかった!タダだし!

実際に教材を体験できるのは重要です。何せ安い買い物じゃないですからね。

こういう言い方もナンですが、特に契約する気が無くても一回体験してみると面白いと思います。おもちゃ が貰えますしね(^^)

充実度は高いが値段も高い

6歳までの英語学習をカバーしているだけあって教材の量は多く、また子供の興味をそそるような工夫が随所にちりばめられています。さらに英語のイントネーションや単語の発音しやすさにも気を遣っており、充実度は非常に高いと感じました。

ただ値段がバカ高いです!まぁ、充実度が高くかつディズニーのキャラクターを使用しているため仕方がないといえばそうなのでしょう。

効果はありそうだが覚悟が必要

教材の充実度が高いので、うまく継続できれば高い効果が期待できそうです。ただ、金額と継続しなければいけない期間を考えると、両親の強い覚悟が必要だなぁと感じました。

特に、2歳ごろに訪れるイヤイヤ期にしっかり継続できるのか?アンパンマンや仮面ライダーなどにハマってしまうことを防げるのか?などといった途中挫折の不安要素はたくさんあります。それらをうまいこと躱していくためには日頃から子供の環境を管理していかないといけません。

親が一緒にやる姿勢が最も重要かな

親が英語に対して壁を感じていると「楽しんで」継続することがかなり困難だと思います。親が楽しんでいないと子供も楽しいと思わないので、「英語が嫌い!」というご家庭には向かないでしょう。

ただこの機会に親も「一緒に英語を学ぶぞ!」という強い気持ちがあるなら、検討してもいいでしょう。

英語の早期教育に関する疑問

体験を通して少し疑問に感じる部分もありました。この辺りは人によって考えが違うと思いますのでご参考までに。

  1. LとRは聞き分ける必要があるのか?
    僕や妻は聞き分けられません。ただ発音のときに多少気を付けている程度です。これでも海外旅行で困ることはありませんし、仕事上英語を使う時も特に問題ありません。
    ※僕は技術職なのであまり英語を使う機会がありませんが、妻は法律関係の仕事で海外弁護士とよく電話で話しています。
    実際ネイティブ以外は発音もまちまちですし、どうも聞き分けができているように思えないこともシバシバあります。
    ということで、わざわざ幼少期から聞き分けを重要視する必要はないんじゃない?という意見です。
  2. 幼少期に英検やTOEIC高得点をとる必要があるのか?
    ぶっちゃけ親の自己満足だと思っています。英検やTOEICでいい成績をとったからと言って、海外の仕事につけるわけではありません。特にTOEICはビジネス英語の基礎知識を試す面があり、子供のときに高得点をとっても特に役に立ちません。
    完全な無駄ではないと思いますが、有益かと言われるとそうではないと考えています。

まとめ

子供の英語教育教材であるディズニー英語システム(DWE)を体験してみました!

内容は非常に充実していましたが何といっても値段が高いので、おいそれとは購入できるものではありませんでしたね(^^;

他にもベネッセの教材など多数の教材がありますので、他を見て比較してみて検討という形になるかな?

 

おしまい

スポンサーリンク


-レビュー, 教育
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生命保険は不要!?『「保険のプロ」が生命保険に入らない理由』を読んでみた

生命保険とか医療保険って結構高いよね! 子供が生まれたのを機にちょっと生命・医療保険を手厚くしたのですが、年間でバカにならない費用をかけているんじゃないかと思い悶々としていました。そんなタイミングで本 …

iphone

iPhone6からiPhoneSEに機種変更!使い心地はどう変わった?

こんばんは、筋トレを再開しようか悩むキレジです。 このたび格安simへと切り替えたのですが、これを機にSIMフリーの iPhoneSEに買い換えました。 iPhoneSE は従来の iPhone5系と …

【実際に買ってよかった育児グッズ】「6WAYジムにへんしんメリー」は伊達じゃない!?

ムスッコはもうすぐ10か月。行動範囲が広がってくるにつれ何かと大人のいる場所に来たがるので面倒なことがありませんか? そんな時に一時的に注意を引き付けてくれる我が家のスーパーサブが、色々なおもちゃがぶ …

costco

実は安くない?入間のコストコに行ってきました

こんばんは、クシャミのしすぎで胸を痛めたキレジです。 今日はついに、あの安いと有名な会員制スーパーマーケットのコストコに行ってきましたよ! 近くになかったためこれまで行かなかったのですが、ハーゲンダッ …

ハーゲンダッツのチョコミント味、アルコール入ってるよね?

こんばんは、仕事の行く末に悩むキレジです。 最近、食後にハーゲンダッツを少しづつ食べるのが毎日の楽しみになっているのですが、とあることに気づいてしまったのです。 チョコミント味を食べている時に何気なく …

クリックいただけると励みになります。
m(_ _)m
にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense」を利用しております。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。